靴のうんちく

靴は人間の生活に大きく関係しており、普段の生活の中ではなくてはならないものになりました。湿気が高く雨の多い日本では、木の文化らしく下駄がはかれ、主食である米の副産物としてわらじが編まれていました。

これに対してヨーロッパでは、日本人が文明開化を経て革靴を取り入れるよりはるか昔から、肉食の副産物として革靴がつくられてきました。世界的に知られるイタリア製の靴は、滑らかでソフトな風合いのものが比較的多いでしょう。これはイタリア人が皮のやわらかい仔牛を好んで食べたことに由来するといわれています。